ご家族の方々へ

ご家族の方々と、ごいっしょに、お読みください。
声優の業界は、有望な職種です。

1.はじめに

日本経済は、今後悪化の一途をたどります。
国家財政は、すでに破綻しており、年金基金も崩壊しています。
税収も消費税を引き上げる以外に、大幅に増えることは、ありません。
年金支給額は、減る一方。税金は、増える一方、消費税も10%を越えるのは確実です。
少子高齢化は、世界一のスピードで進んでいます。
今の若いあなた方の世代が高齢になっても日本の国は、無力です。

すでに企業は、終身雇用制をやめて完全能力主義になっています。
現在、大企業を中心に、株価上昇、経常利益の増大の目的のもとに、猛烈なリストラが行なわれています。
従来のように一流大学をでて、大企業に入れば、一生安泰という世の中では、ありません。

最近企業は、かえって一流大学出身者を、敬遠する傾向にあります。
高学歴の専門知識に偏った若者より、コミュニケーション能力が高い柔軟性のある人材が好まれる傾向が強いです。
知識のつめこみがうまく、ペーパー試験の点数だけがいい人材など、企業は、必要としていません。
従来のような、入試のための勉強は、まったく役にたたないということです。
企画力、発想力、文章能力、人間力、営業力、プレゼン能力などが重要なのです。
さらに、女子学生の就職は、より悲惨な状況にあります。
女子大卒・女子短大卒の人が従来の女子高卒の就職先にまで下りてきたため、女子高卒の人たちの正社員の窓口が激減しています。

このような世の中で、若者の将来は、どうなるのでしょうか?

答えは、欧米諸国に見ることができます。
アメリカは、10%以下の人が国民資産の8割以上を占めています。
一部の成功者とそれ以外の人しかいないのです。
つまり、上流社会と下流社会に完全に二極分化しているのです。
しかしアメリカは、若い人にもチャンスがありますから、IT分野で、大成功をおさめている若者がたくさんいます。
フランスなどのヨーロッパ諸国では、より悲惨な状況になっています。
大学を出ても、コンビニ店員などの単純労働しか就職先があまりありません。
ヨーロッパは、労働組合が強すぎるため、一旦正社員で雇うと企業は、簡単に解雇できません。
そこで、雇用促進のため若者だけ、簡単に解雇できる法律を制定したら、暴動がおき、この法律は、撤回されました。
遠からず、日本も似たような状況になります。

2.声優の業界とは

このような状況のなかで、声優の業界の周辺を観察してみましょう。

ここ10年の間に、放送・通信・芸能の分野は、激変しましたテレビのチャンネル数は、一桁の数から一気に300チャンネル以上に増加しました。
テレビの深夜枠で一週間に80本以上のアニメーションが放映されています。
パソコン・携帯のインターネットが爆発的に普及し、インフラとなりました。
プレステに代表されるゲーム機が延べ何千万台も販売されました。
トトロに代表される宮崎アニメが世界的に有名になりましたこれらの劇的な変化の中、大活躍しているのが、声優さんたちなのです。
いわゆる声の仕事のプロ達です。

アニメのアフレコ、洋画のアテレコ、ナレーション、ラジオパーソナリティ、司会、アナウンサー、ゲームの声、携帯着ボイス・着うたなど多岐にわたる仕事が激増しています。
さらに、最近は、歌手活動は、おろか、アイドル声優とし、イベントやコンサートで大活躍している声優さんもたくさんおられます。

これらの声優さんの仕事をささえているのが、アニメファンです。
アニメファン高じてアニメオタクと言っても過言ではない、この人たちは、少なく見積もって100万人は、存在しています 市場規模は、数百億円にものぼります。
悲惨な国内外の現状の中、声優の業界つまり声の仕事の業界は、右肩あがりの状況です。
しかも20年の長きにわたり、継続してビジネスが成長してきた稀な業界です。
また、株式市場では、去年から有望な投資先として認知され、バンダイ、東映アニメーション、まんだらけ、ガンホーなどの株価が暴騰しました。

今後も現実社会に夢を無くした人に唯一やすらぎを与える場としてアニメ市場は、拡大していくでしょう。

さらに、アニメは、日本が世界に誇る文化です。
現在、日本のアニメやゲームなどは、世界中で認知されて高い評価を受けています。
近年では、中国でもアニメオタクが数十万人もいることがテレビで紹介されるなど、世界におけるアニメの勢いは衰えを知りません。

3.結論

以上の考察により、声優という職業は、非常に将来有望であるという事がお分かりいただけたかと思います。
現実社会に失望している若者にも夢を与えられるすばらしい仕事。
普通の一般的なサラリーマンより、かえって安定した仕事です。

それに、声優は特殊技能なので、素人の人とは話すことにおいて雲泥の差があります。
声優とは、単に話すだけでなく、日本語を正しく読め、わかりやすく発音できる日本語のプロです。
したがって企業に勤めた一般の人よりも営業力、プレゼン能力において圧倒的に勝っています。

声優の訓練を受けた人は、仮に声優さん以外の職業についたとしても活躍できるのです。
声優の勉強は、まさに、手に職をつけることになります。
ですから、すべての人が声優の教育を受けるべきかもしれません。学校の勉強より、よほど社会人にとって役立つか、分からないほどの効果があります。

声優のメリットは、それだけでは、ありません!

声優の仕事は、いくつになってもできるのです!

テレビコマーシャルでもやっているように、70才を越えた年輩の方が子供の声を演じることができます。声優の仕事は、一生ものだということです!
何かの技能を身につけて、一生仕事に役立つことなどあるでしょうか?このような技能は、他にありません。


そして、声優の訓練は、早ければ早いほどいいと言われています。それだけプロの声優になれるチャンスが広がるからです。

イベントを開催しても若手声優に人気が集まります。
後から声優になった同年代の人よりも若い頃から実践経験を積むことで、芸歴も豊富になり、演じた役の数も多く、役者としての幅も広くなります。従って、若いにもかかわらず、どんな役もこなせる味のある声優として、仕事が数多く舞い込むことになり、収入が段違いになります。

さあ、みなさん!
これだけ夢のある有望な声優にならないのは、もったいないです!
思いたったが吉日!
いますぐ声優への第一歩を踏み出しましょう!

その一番の近道が、インターナショナル・メディア学院です。
当学院は、堀川学院長、講師の先生方とともに、あなたの夢の実現を強力にバックアップします。
ラジオ番組制作、オリジナルアニメーション制作、オーディション開催、イベント開催により、在校中からみなさんに実践経験を数多く積んでもらえる環境をご用意して待っております。

できるだけ早く、学院でみなさんとお会いできることを切望しております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


今すぐ資料請求はこちら »

学院説明会の日程はこちら »

※:資料請求、学院説明会ともに無料です。