声優 学校で歌がうまくなる

歌が苦手、またはもっとうまく歌えるようになったらいいのにという感情はカラオケが一般的な娯楽として定着しているだけでなく学校生活なども含め人生で何度か感じることがあるでしょう。また歌だけでなく話すことを主とした仕事を行う人にとってもいい声を出すということは重要になるときがあります。生まれつき音痴の人や話下手という人がそのまま一生変わることがないということは決してなく、たとえば声優のスクールなどに通うことによって個人差はありますが改善したり、声のかつぜつまでも良くなるのでおすすめです。やり方も難しいことではなく以外にこんなことが役に立つのかという内容もあります。その代表例とすればストレッチが当てはまるのではないでしょうか。声を出すことと関係あるのか問われそうですが大いにあります。脳から声を出す指令を体が循環していくわけですから口の周り、つまり首や肩、ひいては上半身のバランスによって声の通りは大きく変わります。実際に姿勢が悪いと息遣いや話し方がやりずらいと感じることがあると思います。これを考えると首や肩、背中などのコリをとり楽な姿勢をキープできるように筋肉を柔らかくすることを維持するということがまずボイストレーニングでの基礎に当たります。


具体的にトレーニングの例を挙げていくと、軽い体操に近い首や肩の回転運動などを行うのですが息を吐きながら行うのが重要になります。よりよい声をだすには呼吸を整え正しいペースを維持することも含まれます。筋トレではないのであまり負荷をかける必要はありません。ようはリラックスした状態を自分のやりやすい形で作ります。そして声出しです。自分の音程を知るため出しやすい音を一定の音量で出し続けます。それを声を大きく出す、小さく出すと意識して変えます。自然に出せる声がどんなものか体にしっかり覚えさせるわけです。歌唱法などありますがあればそもそも自分の声を自然に安定して出せる人向けなので声の矯正という意味では役に立ちません。安定した呼吸で自分の意識する大きさ高さの声を何度も出していくことが基礎となります。それをボイスレコーダーなどで聞いてみましょう。きっと乱れたところや声を出してるときにはわからない部分に気づきます。そして修正を加えていきます。とにかく自分の声の自然体を知る、これがテーマになりますので意外と時間のかかるトレーニングとなりますが定着すれば非常に声出しが楽になるでしょう。もし自信がもてる声になれたら、声優オーディションを受けてみるのもいいですね。決して他人の真似をせずに自分の声を披露してくださいね。


次の記事へ