声優の学校に通うわけ

声優学校に通っている方たちにように、声を出すことを仕事にしているようなプロフェッショナルな方だけではなくて、素人の方でも上手く歌をうたえるようになるためですとか、仕事でハリのある声を出したいということなどから声優の学校を受けられる方はたくさんいらっしゃるようです。歌が下手に聴こえてしまうのにはいくつか理由があります。例えば、声がこもっていたり、音程が合っていないですとか、低音や高音を出すことができない、喉声なのでガラガラとした感じになってしまう、力任せに声を張り上げてしまったりリズムにのれないなどがあげられます。歌は喉だけを使って声を出すのではなくて、身体全体を使って出すものですので体力づくりや筋力を付けるためのストレッチなどをして基礎体力を身に付けておくとよいでしょう。またトレーニングの前には身体の緊張をほぐしてリラックスさせるために、柔軟体操をして準備しておくことが望ましいかもしれません。声を出すには腹式呼吸が大切ですので、ボイストレーニングでは肺の下部分である横隔膜を使ってお腹に息を溜めるイメージで、吸ったり吐いたりして一定に出し続けたり止めたり強弱を付けたりなど息のコントロールができるようにレッスンをしていきます。


歌に強弱がなくただ声を張り上げているだけでは上手に聴こえませんが、息のコントロールとブレスを身に付けることでかなり向上します。ボイストレーニングでは、歌の上達のために息継ぎであるブレスを上手く使いこなせるようにレッスンをします。ブレスを使いこなすことで、歌に抑揚やメリハリが生まれます。息継ぎをし過ぎても歌に滑らかさが感じられませんので、ボイストレーニングの最初の段階でレッスンをする腹式呼吸による息のコントロールで、息を長く一定に出したり、止めたり強弱を付けたりできるようになることが重要なのです。また喉から出すガラガラ声ではなくて、声と一緒に出る息の吐き方をコントロールできるようになれば歌が上手に聴こえてくるようになるはずです。好きなミュージシャンの歌を聴いてみて、一体どこで息継ぎをしているか、抑揚を付けているかなどを意識しながら聴いてみるとよいかもしれません。ボイストレーニングの教材やDVDなどもありますが、独学の場合ですと自分の方法で合っているかどうかは判断してもらえません。間違いの指摘やアドバイスをもらうことで、上達は早くなりますので目標を持っていらっしゃる方は声優のスクールに通ってみてはいかがでしょうか。


次の記事へ