子供のときから声優養成所に通うメリット

声優養成所と聞くと、歌手や声優、アナウンサーなどが受ける声や歌のレッスンというイメージがあるかもしれません。しかし実は実際は一般の人でも気軽に行く事のできる習い事の一つなんですよ。正しい呼吸法を学び、姿勢を正して発声する事は血行の増進や脳への酸素供給を増やし、健康にも大変良いと言われています。また大きな声で歌うことは老化防止のホルモンが出るとも言われ、最近では年配の方が声優養成所に通う方も増えています。しかし年配の方以上に、声優養成所に通うことをおすすめしたいのが子供です。子供の時に正しい発声法を学ぶ事は、その子の後の人生に大きな良い影響を与えると言っても過言ではありません。理由を説明していきましょう。先ほども言ったように、発声訓練でなによりたいせつなのが「呼吸法」です。特に「腹式呼吸」と呼ばれる呼吸法、これは正しく美しい発声をする基本になります。やったことのある人も多いかもしれませんが、腹式呼吸とは、肩を上下させずに息をすってお腹に空気を入れ、またお腹から空気を吐く呼吸のことです。これはスポーツやヨガにも導入されている呼吸法で、普段よりも深い呼吸を促すことができ、発声にも多大な影響を与えるのです。


また腹式呼吸は精神を落ち着かせる働きもあると言います。キレやすい子供には胸式呼吸が多いというデータもある程、呼吸と精神バランスの関連は深いのです。声優養成所で腹式呼吸を学ぶ事は、子供にとってなによりもメリットになる事であると言えるでしょう。さらに正しい姿勢、そして明らかな発声の仕方を学ぶ事により、ますます子供には良い影響があります。しっかりとした発声は、コミュニケーションの基本と言えますし、語尾まではっきりと明確に話し切るという自信をつけることができます。これは何にも代え難い人間社会で生きるスキルと言えるものではないでしょうか。もちろん今後歌や芝居などを学ぶ上でも、発声法は欠かす事のできない科目です。子供たちの未来にはたくさんの夢が広がっています。そんなたくさんの夢に降り立つ準備として、声優養成所をまず最初に通う事は、理にかなっており理想的です。演劇やボーカルの基礎固めという意味ではこれに勝る物はないでしょう。正しい呼吸法や姿勢を身につけ、美しい発声ができるという事は、簡単なようで意外とできないことです。子供時代にそれを身につけさせてあげられたら、それはその子にとってなによりのギフトになると思えるのは私だけでしょうか。


次の記事へ