アニソン歌手の年収に関する情報

アニソン業界情報から見るアニソン歌手の年収について考えますと、売れる人にはやはりそれだけの力を持っています。アニソン業界はあまり広くはありません。アニソンを主体としている企業は数社だからです。
ですからその企業に所属できるかどうかによってまず年収は異なります。又は、大手の音楽制作会社に所属しながらアニソン歌手として活動するかです。
どちらかと言うと、後者の方が収入は確実に高いです。企業の大きさも年収は比例するからです。歌ったアニソンが売れるかどうかももちろん大事ですが、そこからもらえるギャラも大手であれば歌手本人との交渉によって決まります。
すべてとは言い切れませんが、アニソンのみを取り扱う企業はアニソンでの売り上げが主体な為、肝心のアニソンで売れなければ収入にはすぐに響きます。
しかし、アニソン主体の企業にも利点はあります。まずは売れる作品への積極的交渉ができる点です。
アニメを熟知したスタッフが多く集まるのがアニソン専門の企業ですから、当然売れる作品へのアニソン提供はよく分析できます。それが1点でもう1つに古くからのアニメ制作会社との付き合いによる結びつきの強さにより、アニソンを直接制作会社に売り込めるという点です。


ですから結局アニソンはCDが売れれば売れるほど歌う歌手の収入は上がります。その為、比較的周知されやすい人気作品への提供をすることが大事です。その上でもっと収入を上げるためには、やはり自分の番組を持てるかどうかです。年収がとくに高いアニソン歌手の人は自分の歌を紹介できる自分のラジオ番組などを持っています。
しかしその人が行っているのは、単に歌っているだけではありません。声優としても活躍していることです。アニソンに限らず歌を周知する為には、自分の声を聞いた人が自分と分かってくれなければなりません。特にアニソンであればアニメという強みを生かすためにもアニメで実際に声優をしながらアニソンを歌うという人が多くそれで成功した人はラジオ番組などの番組を持ちスポンサーからのお金も提供される為に、収入が上がるということです。ですから自分の声をまず広めなければまず年収は上がらないということを業界情報としてお伝えします。それに加えて、年収を上げるためにアニメ専門の制作会社に話を持っていくか、それよりも大手に行くかです。結局は売れる秘訣は自分の歌手能力やラジオ番組を持つともなると話術も高いスキルを持つことが重要です。ですから、どの道を選ぼうとも努力を怠ってはいけません。


次の記事へ