声優のアドリブの業界情報について

業界情報として一般的にはアニメや音声等の作品に対して声を吹き込む物を指していいます。業界の用語としては、ボイスアクターと称されることもあります。
 アニメの声優のことをアフレコといい、画面を見ながら声をアニメのキャラクターの口の動きに合わせてタイミング良く話をするアフレコと言うものがあり、又やり方は違うものの事前に声だけを台詞として吹き込んでおく、アテレコと言うものがあります。
 日本で主にアニメ―ション等の製作時に音声を吹き込んでいるものが、アフレコの手法を取り入れているもので、タイミング良く音声をアニメの動きに合わせておこなうやり方でアニメーションの動きを良い物にしています。 声優の出演料などはランクによって割り振りがなされている為、ランクの高い人物を起用する傾向もありますが、統計的には新しい声優陣を起用しアフレコを行っている傾向が業界の中では強くなっています。 台本のセリフ通りにいかない場合もありますが、アドリブを入れることでさらにアニメ―ションの感性が豊かに表現されることもあるのでアドリブは言葉の表現のなかに入れることとでよりアニメのキャラクターの個性が映えることがありアドリブをそのまま取り入れることもあります。


アニメーション以外にもゲーム等の製作にも声優は大きく関わりを持っています。
 ゲームの中に存在する主人公やヒロイン等の声を吹き込みの声を聞いたことがあると思いますがアニメ―ションとは大きく異なる部分があり、ゲームの進行の状態に合わせて音声データを選択して再生を行うと言う形になっているのです。 お互いにかけあいの中で声を出し合うのとは又違い、台本に記載されています。与えられた台詞を永遠に繰り返し個人で作業を行う物でお互いの顔を見ることなく作業も終わることもあるとされています。
 ゲームでは代本の内容に記載されている内容をキャラクターになりきり音声を録音しなくてはならないのですがアニメの声優と比較すると以前はゲームの方が金額面でも高くなっていましたが協定の内容で変更があり、アニメとゲームどちらも同等に金設定がされるようになっています。 今までは据え置きのテレビゲームに吹き込むのが一般的になっていたが今は時代の進行とともに携帯ゲーム等でも声の吹き込みが多く見られるようになってきています。 アーケードゲームもその一つで声を吹き込むことで演出しているキャラクターをより楽しむことが出来るようになっているので、声優陣の声の吹き込みはなくてなならないものになっています。


次の記事へ