早口言葉のことに関しての情報や知識

言葉を発声するということは簡単なことのようでもあり、ときには難しいこともあります。言葉を発声するのが難しいというような場合としては、連続して発声するのが難しいような文字の並びになっているような場合などがあげられます。このような発声の難しい言葉の並びなどを利用して、いかに正確に言葉を発声することができるのかを競う遊びとして早口言葉というものがあります。
これは子どもなどのあいだでよくおこなわれるものですが、大人のあいだでもおこなわれることがあります。
大人のあいだで早口言葉がおこなわれる場合として典型的なのは、人前で話をするということを職業にする人がおこなう場合があげられます。発声の難しい文字の並びなどを正確に聞取りやすく発声するための練習としてこのようなものを日常から練習することにより、聞きとりやすく正確な発音ができるように努めています。発声しにくい音の並びを正確に発声することができるようになれば、そのような言葉の並びの発声が聞取りやすくなるというだけではなく、通常の発声も聞取りやすくすることができます。これはそのようなことを練習することにより、一文字一文字を正確に発音するための技術が身につくからです。


こうしたことをおこなう人前で話すことを仕事とする職業の人間としてはテレビやラジオのアナウンサーなどがいます。
このような人たちは普段から正確な発声ができるようにアナウンスの練習としてこうした遊びを取り入れているという人も多くいます。特に新人のアナウンサーなどが正確な発声がおこなえるように、こうした遊びを取り入れて発声の能力を鍛えるということがよくおこなわれています。その一方でアナウンサーを目指しているという人が、アナウンサーになるための面接のための対策として、早口言葉をおこなうということもあります。
そのようなことを自分でおこなうという場合もあれば、アナウンスなどの専門学校に通いそこでおこなうという場合もあります。またアナウンサー以外で正確な発声ができるように早口言葉などを日常的におこなっている職業の人として他にあげることができるものに役者や声優がいます。こうした職業の人も舞台やテレビなどで観客に聞きとりやすい発声でセリフを言う能力が必要なことから、早口言葉を本番の前などに言って、舌の動きやあごの動きなどをスムーズにしておくという人も多くいます。このように早口言葉は遊びとしてだけでなく、広く発声の練習方法として利用されています。


次の記事へ