声優学校・インターナショナル・メディア学院

■インターナショナル・メディア学院 東京校

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-3-23 ローズガーデンテラス1F-B1F
TEL:03-5386-7545
東京校ブログ

GoogleMapで場所をチェック

説明会

説明会の日程はこちら »

インターナショナル・メディア学院 東京校なら!

学院長堀川りょうが基礎から直接指導!!
プロダクション附属養成所だから、実力が認められれば1年目でもデビュー可能な声優、俳優、アニソン歌手養成所!
月曜日~日曜日からクラスを選べ、夜間クラスもあるので、お仕事や学校の都合に合わせて通えます。
発声・滑舌から表現まで1人1人の学生を熱血指導しています。

声優学校・東京校なら

声優学校・学生募集中!



【動画】インターナショナル・メディア学院 アニマックスCM

■説明会

説明会の日程はこちら »

■声優養成所・インターナショナル・メディア学院なら東京校、地方校の学院生でもアニメ出演できます!

「雨色ココア」に出演

『福岡校、岡山校、名古屋校、大阪校、東京校の学院生が、アニメ「雨色ココア」に出演!!』
学院長堀川りょうをはじめ、下野紘さん、緑川光さん、宮野真守さん、平川大輔さんなど、豪華声優陣と夢の共演を果たしました。
⇒収録風景と感想文はこちら


今回は、福岡校1名、岡山校2名、大阪校1名、名古屋校1名、東京校3名、計8名の学生がチャンスを掴みました。

東京校土曜アドバンスト O.F(元岡山校)さん
今回、アニメのアフレコというものに初めて参加しました。
ガヤということでセリフやキャラクターが細かく決められているわけではなかったのですが、それだけに「何を喋ったらいいのだろう」と不安になったり悩んだりしてしまいました。
場所が大学であるということから、自分が大学生だった頃、周りの人とどんな話をどんな風にしていたかを思い出してから収録に臨むようにしたところ、思っていたよりもすんなり言葉が出てきたように思います。
普段の生活が演技に表れてくるというのはこういうことなのかなと思うと同時に、自分の生きて来た人生に無駄な時間は無かったのだなと感じました。
これからも1日1日を大切に、努力を続けていこうと思います。

東京校水曜アドバンスト2 I.K(元福岡校)さん

初めてアニメの収録に参加させていただきました。
わずかな時間ではありましたが、学院の外で本物のスタジオ、機材、現場の空気に触れる事が出来、緊張感を味わえて身の引き締まる思いでした。
収録前、雨色ココアの今までの放送分を見直し、携わる作品が地上波で流れている事を自覚していましたが、改めていただいた機会の素晴らしさを噛みしめました。
今後もチャンスをいただけるよう、またいつ出番が来ても良いように常日頃からしっかりと稽古に励もうと思います。


東京校金曜プロ(高等部) N.Mさん

アニメの収録に参加したのは今回が初めてでした。 スタジオに入った瞬間から雰囲気が違い、とても緊張しました。誰かと会話をしての収録も初めてだったのですが、会話をし始めると楽しく話せました。知らないことも多かったですが、とても勉強になりました。
今回参加させていただいたことでより一層声優になりたい、この場所に立っていたいと思いました。まだまだ未熟ですが、声優が職業だと胸を張って言えるようにもっと頑張りますのでよろしくお願いします!



IAMならプロダクション附属養成所だから、実力が認められれば1年目でもデビュー可能!
さあ、次はあなたの番です!!

声優学校・学院説明会の申し込みはこちら

今すぐ資料請求はこちら




■東京校 学院生の授業感想文!

東京校に通う学院生達の声を、ぜひお聞きください!

東京校 水曜ベーシッククラス S・Fさん

堀川学院長のラジオの収録を見学させていただき、ありがとうございました。

打ち合わせは学院長が台本をサラッと読み、趣旨説明を確認した程度で終わり、そのスピードに驚きました。 その後も機材の調整があるくらいですぐに収録が始まりましたが、台本の文章、箇条書きの質問、フリートーク部分が、すべて統一感を持って聞こえてくるので、気がついた時には見せていただいた台本よりも学院長のお話を聞いてしまっていました。

尺の調整や追加の指示にも、学院長が必要情報の確認を済ませれば、すぐに分かりやすい魅力ある文章にしてお話され、あっという間に収録が終わってしまいました。

今回の見学でラジオの現場の流れやスピード感が勉強できたとともに、「役者は自分で答えを持っていなくてはならない」ということがより具体的につかめたように思います。 日々の中で様々なことに興味を持ち、自分なりの答えを積み重ね続けて、更に精進いたします。

大変貴重な機会をいただき、ありがとうございました。


東京校 火曜ベーシッククラス E・Hさん

本日はスタジオタバックさんでアフレコ体験をさせて頂きました。
このスタジオは昭和48年に設立され、「ドラゴンボール」や「プリキュア」等多くの作品で使用されている歴史あるスタジオです。緊張と、場違いではあるかもしれませんが、なぜかわくわくしました。

①スタジオ入り…台本を頂き、スタジオに入ります。
スタジオは想像したよりも広く、グランドピアノが置いてあり、そのグランドピアノ側にスクリーン、手前にマイクが4つと壁際に、椅子が数十席置いてありました。
スクリーンから向かい合った壁際は窓になっておりそこから、音響監督さんや先生が見ていました。
ここで沢山の有名なアニメを収録したんだと感動しました。

②アシスタントさん…今回なんとIAMエージェーシー所属の方々がお手本を見せて下さいました。
やはり、以前のラジオ見学でも学院長は勿論、佐藤祐吾さんに感じていた事ですが、アフレコになると皆さんの空気が変わりいつもお話しされてる声のトーンとは違うなと感じました。

③実習開始…役はその時の挙手で決めるという形でした。
先輩方のアドバイスでは『自分に合った声を演じて下さい。演じてみたい役と声に合った役を演じるのとじゃ、違うからね』とおっしゃっていました。印象的な言葉でした。実習は二週しました。

一週目は、先輩のアドバイスを参考に女性の役を演じてみました。
アドリブがあるので、どう演じてやろうかと思いました。一度リハーサルを行いその後本番という形でした。
リハーサルを終えた際に、桑山琴音先輩が「もっと遊んじゃっていいよ!!」って言って下さったので、緊張が少し解れて、楽しむぞ!やってやるぜ!みたいな気持ちになりました。
そして、収録したものを聞きましたが、マダムという設定が抜けてしまった様に思いました。

二週目は、挑戦で男性役をしてみました。役は挙手なので積極性がすごく試されます。
セリフも多く主人公だったので、肩に力が入りすぎてしまったと思います。
録音を聞き、滑舌の悪さが目立ちました。画面に今セリフと表示されるのに、間もなしに喋ってしまいました。
レッスンの時に文字だけを追っている講師の方々に言われていましたが、正直根本的な事は理解できずにいましたが、ここで、そのクセがわかったように思います。極端を言えば、画面見て入り混むという言葉に似たようなものを感じました。
このクセをどう治していくか、そして滑舌とアクセントも然ることながら、毎日のトレーニングが大切だと思いました。
日頃の行いが物をいう。と思いました。

今回は、こんないい経験をさせて頂き、本当にありがとうございました。
この経験を生かし、是非とも次はもっと成長できてる自分でご挨拶したいです。


東京校 火曜アドバンストクラス H・Mさん

レッスンはウォーミングアップから始まりました。わたしあなた、リズムに合わせて果物、野菜の名前を言って行くもの、前の相手の声をきちんっと聞き、次の相手にきちんっと伝えるというもの、
さらに、被らない様に、10年位発した事がないが、皆が知っている名前を言っていき、かつそのポーズも取るというものをやりました。
あとは即興で昔話を作っていくという事をペアでをやりました。
ウォーミングアップにも関わらず、良い汗をかきました。

その後は、エチュードをやりました。2人、もしくは3人一組になり、まずは、バレンタインという題が与えられ、各組で年齢、関係性等について話し合いました。
自分の組は、恋人同士。実際演じ、自身の足りない部分を改めて痛感致しました。それは、「物を持っている感覚が欠乏し、嘘に見えてしまう」事。一方通行になってしまい、お互い噛み合わず、不発になってしまいました。

2限目は、1限目に陥った課題を踏まえ、各組での話し合いからスタート。1限目での反省を元に、自分の組は、最低限の事のみ決め、先生のお題に望みました。解った事は、自分がまだ自分の世界の中だけにいる為、相手の言葉をもっと積極的に聴く必要があるという事。
独り善がりでは、絶対成立しないという事。そして、ふとした事で発した言葉にインパクトがあるという事です。台本を読む事について、不安が多々ありますが、今回のレッスンで、常に思いっきり演じる事の重要性が解りました。

最近は自問自答の毎日ですが、プロとして通用するよう、精進して参ります。



東京校までの道順

新宿駅西口からの道順
1.西口地上出口に出ます。
(京王線西口地上出口・小田急線西口地上出口・喫煙所がある場所です。)
2.地上に出たら、右に進みます。(小田急デパートを右手に、京王デパートを背にして進みます。)
『ユニクロ』を目指して進んでください。
3.ユニクロを通り越してそのまま真っすぐ進むと、大きな交差点『新宿大ガード西』に出ます。
4.そのまま小滝橋通沿いを道なりにまっすぐ進むと『CoCo壱番屋』があるので、その前の横断歩道を渡ります。
6.再び『小滝橋通』を進みます。
『ローソン』『DoCoMoショップ』『TULLY's COFFEE』『フレッシュネス・バーガー』『サイゼリア』を通り過ぎます。
7.大通り(北新宿百人町交差点)に出ます。信号は渡らず、左に曲がります。
8.赤い自由の女神像がある中華料理店を通り過ぎさらに真っすぐ進みます。
9.広い駐車場を通り過ぎます。
10.その先の角の建物がインターナショナル・メディア学院です。
地下鉄丸の内線西新宿駅からの道順
1.地下鉄丸の内線西新宿駅の1番出口を出ます。
2.地上に出たら大きな通りがあります。通りを左方向に進みます。
少し進むと、道なり左側に牛丼屋『牛皿一丁』があります。
3.『牛皿一丁』と『HOTEL RoseGarden(ホテル・ローズガーデン)』の間の細い道を入ります。
4.細い道を真っすぐ進むと、右側に中学校が見えてきます。中学校を通り過ぎ、そのまま真っすぐ進みます。
5.しばらく歩くと大通りに出ます。大通りに面した、すぐ左側にある建物がインターナショナル・メディア学院です。
6.1階の自動ドアからお入りください。入り口は、大通り沿いにあります。
大久保駅からの道順
1.南口改札を出たら、右の出口を出てください。
2.出口を出で左に行くと、三叉路があります。
写真の、右側の道に入ってください。(線路沿いの道ではない方の道です。)
3.大通りに出て、左側に進むと『吉野家』があります。『吉野家』から、黄色い看板のカレー店に向かって、右手の横断歩道を渡ってください。
4.横断歩道を渡ったら、そのまままっすぐ歩いてください。
2つめの信号で、大通りの反対側に渡ってください。
正面の建物がインターナショナル・メディア学院です。
声優養成所・インターナショナル・メディア学院は未来の声優をお待ちしております!

学院説明会の申し込みはこちら

今すぐ資料請求はこちら