声優養成所で実感する「声のメリット」

声優養成所でのカリキュラムには、基本的な声帯のつくりや機能などについて理解できるようにすると、より無理のないものになりますし、 余計な負荷をかけずに効率よく発声練習をすることにつなげられるようになるという場合があります。声帯はのどにあり、開閉することによって音を変化させる機能があります。 従ってどのように動くのかによって音域が決まると言い換えることもできます。のどに負荷がかかっているのは事実ですし、一般的に歌などに関して不得手な人ほどのどに強く力をかけるように発声するのはそのためです。 上手に音を出せるようにするためには、この部分に余計な負荷をかけないようにするということが訓練の基本になります。まず声を調整するときに喉はリラックスさせた状態で無理のない力加減になるように心がけます。 そのためには体の力を緩めたうえで横隔膜を使えるようにすることが重要です。横隔膜は牛でいえばハラミに当たる部分で、この部分を意識して操作するようにして深く呼吸をしていけるようにすると、安定感のある発声になります。 音をよりぶれさせないようにしながら長時間の耐久性を出すためには、出力の先端となる口元も重要と言えます。


のどはリラックスさせつつ口元をきちんと動かし、発音を適切に行えるようにすることで、音の高さだけではなく伝達力を高めたものにすることができます。 歌にしても何らかの会話にしても、発表をするという場合であっても基本は相手に伝わるようにするということです。ボイストレーニングをするときには声の大小や高低といったことだけにとらわれることなく、 こうした基本的な観点を忘れないように行っていくことが重要なのです。口を開けて双方の奥歯に割り箸を挟んで発音するというような練習も効果的です。これによって口を開けつつ舌や息で調整する必要性を高めることになり、 のどは開きやすくなるので発声をする時の条件としては良いものとなるからです。声優の養成所で正しい呼吸法をマスターしておけば十分な音が出ますが、変な力がかかっている状態になるとまともに声が出ないので チェック機能として考えた時にも有益です。体のひずみなどが声に影響を与えるということもこのことから理解しやすくなるはずですから、声に関して考えるときにはほかの身体的な部分についても同時に機能を高められるように することが必要であると体感できます。声優学校でこうした積み重ねをすることで、より効果を上げやすくなります。


次の記事へ