声優オーディションに挑戦も夢じゃない

声は、日常生活や仕事においてとても重要な役割を担っています。例えば、はきはきとしてよく通る声だと人前で話す時に好都合です。逆に、小さくて籠っている声だと、営業や接客業では不都合なことが多いです。このように、声を仕事で使う人にとっては、声の良し悪しが仕事の業績や出来に大きく影響を及ぼします。声を使う仕事と言えば、アナウンサーや声優などが挙げられます。このような仕事をしている人は、声が命とも言えるため、より良い発声をしたいと考え、声優の養成所などに通っている人がたくさんいます。この声優養成所とは、発声練習をするところだと思っている人が多いですが、実はそれだけではありません。こちらでは、声を使った様々なトレーニングが行われています。そのため、上述したような職業の人以外で、声が重要視されないような仕事の人でも、声優養成所を受講する人が増えているのです。では声優の養成で具体的にどのようなトレーニングが行われているのかについて、主要なものについて説明します。まず1つ目は、滑舌を良くするためのトレーニングです。これは、例えば営業や先生、接客業など、人に何かを説明する必要がある人や、単に滑舌が悪いことがコンプレックスになっている人が受講しています。


次に2つ目は、歌を上手く歌えるようにするトレーニングです。こちらは、例えば音痴を直したい人や、カラオケをもっと上手く歌えるようになりたいという人に人気があります。また、本気で歌手を目指している人も多くいます。そのためプロを目指す人の声優学校などもあり、需要が高いことが分かります。そして最後は、ダイエットのためのトレーニングです。ボイストレーニングは、特にお腹から声を出すため、腹筋が鍛えられます。また、お腹から声を出すことは思った以上に体力を使うため、脂肪を燃焼させることもできます。ゆえに、ウエストを引き締められて、その上声まで良くすることができるとあって、女性を中心に人気を集めています。このような背景から、声優の育成で身につけたことは仕事だけでなく、趣味や個人のスキルアップのために利用されているのです。また、月数万円程度から受講できる声優学校などもあるので、誰でも気軽に始めることができます。年齢や性別を問わないトレーニングになるので、今後ますます需要が高まり、代表的な習い事の一つとして受講する人が増える可能性があります。また声優スクールなどで声に自信がついたら声優オーディションにチャレンジしてみるのもいいですね。


次の記事へ