声優オーディションを受ける前に

声優スクールに通いアニソンの声優オーディションを受けるために、日々声優育成カリキュラムを受けている方が多くなりました。声優の育成には、声の発生の上達メインでするトレーニングと、役者志望や、社会人が響きのある声を手に入れるために滑舌や発声メインでするトレーニングなどもあります。ただ、どちらもボイストレーニングにもかかせないものがあります。1番重要でどちらのトレーニングでも1番最初にやることです。それが腹式呼吸です。人間の呼吸には、胸式呼吸と腹式呼吸があります。自然に腹式呼吸になっている人もなかにはいますが、普段から胸式で呼吸するくせがついている人は、訓練しないと腹式呼吸を習得することが出来ません。そして、まず何故、声優の育成において、腹式呼吸が重要なのかということを考えていきたいと思います。胸式呼吸で息を吸うと胸が膨らみます。しかし、それほど大きくは膨らみません。それは胸の肋骨があるせいで、それ以上は膨らまなくなっているからです。それに対して腹式呼吸をするとお腹や背中が膨らみます。胸式呼吸をするよりもずっと多くの空気を取り入れることが出来るので、大きく膨らむことが出来ます。これは、腹式呼吸は横隔膜を上げ下げしてする呼吸なので、肋骨などの骨に比べて可動範囲が大きいからです。ですので、まず腹式呼吸の習得をします。


声優の育成で具体的な練習方法としては、まず鼻からゆっくり息を吸って、同時にお腹に息を入れるような感覚でお腹を膨らませます。息を吸っているときは横隔膜は上がっています。そして今度は吸った息を細く長く、口から吐き出します。「スー」というような音でやるのがいいでしょう。息を吐いている状態のときは横隔膜は下がっています。横隔膜がポンプのような役割を果たすので、細く長く息を吐くことも出来ますし、一気に息を吐くととても強い息になります。この腹式呼吸を習得することで、息のコントロールも無理なく可能となるのです。そうは言っても最初はなかなか上手く腹式で呼吸が出来ないと思います。そういったときは、床に寝て練習するといいでしょう。人間は通常寝ているときは腹式呼吸になっていることが多いです。ですので、寝ている姿勢で練習すると腹式に入りやすくなります。また、壁に背中をぴったりつけて、膝を曲げる姿勢、いわゆる空気椅子のような姿勢で練習するのもいいでしょう。腹式呼吸を練習するときは、お腹に手をあててやるとわかりやすいです。手のかわりにボールをお腹に当てて練習してもいいでしょう。肩が上下しないように、胸式にいかないように、肋骨付近を手で押さえて練習する方法もあります。呼吸法ひとつ習得するだけで自信がもてるようになり、声優オーディションを受けることも怖くない自分と出会えるかもしれません。


次の記事へ