声優養成所と発声練習について

ボイストレーニングとは声を作る訓練です。また、歌に必要な筋肉の動きを学んで鍛える訓練と言えます。楽器を演奏するということと違う点は歌をうたうということは身体を楽器をして演奏するということです。つまり声と歌で様々な表現をして見るための下地を作ることです。一日中一生懸命練習をして売るのに歌をうたうことが上手にならないと悩んでいる時、才能や素質がないまたは足りないと諦めていないでしょうか。歌がうまくならないのは正しい練習が必要だからです。実は歌うという行為自体は単純な筋肉の運動です。歌に必要な正しい筋肉の動きをきちんと習得すれば歌は必ず上達します。正しい知識を学び正しいトレーニングをきちんとすることでどんな人でも歌をうたうことはうまくなります。声という人が持つ楽器はメロディーに詞という言葉の流れを重ねて伝えることが可能です。声という楽器の最も優れたところであり他のどのような楽器がかなわないところでもあります。カラオケの発展だけでなく、インターネットの配信などによりどんな場所でもすぐにカラオケにして歌うことが出来ます。専門的な訓練を受けていないでも日常に音楽は身近な存在なためそこそこのレベルで歌えてしまいます。


ところがそのことが落とし穴であり自分だけの訓練法などのような無理な形で歌い喉に必要以上に負担をかけてしまいやすいです。実は人間のどんな部分の筋肉でも動きの一つ一つは声に幾らかの影響を与えています。姿勢ひとつとっても歌うという行動を表現するために筋肉の様々な要素が結ばれます。たった一つであろうとその要素を過小評価してしまうと完全な声の制御などできる事はかないません。そこで声優育成トレーニングなどでは発声方法を大きく分けて3種類を練習します。まずチェスト、地声のことですが低めの声で表現します。次にミドルボイス、裏声ですがち声に近く女性の場合日常的に無意識でミドルボイスで話している人もいます。最後にヘッドボイス、完全な裏声のことです。発声練習で重要な事は喉仏を上に広げるということですが発声練習を何度もしていると自然に習得できます。次に腹から声を出すことです。また、当然のことですが無駄な、特に喉の周りに脂肪がないように運動をする必要があります。声優養成所などの発声練習中にのどが渇いたときは炭酸水は喉を痛める可能性があるため水を飲みましょう。炭酸水は発声練習中にゲップをしてしまうため発声練習のじゃまになります。自分の歌声を修正しようと思う時があるかもしれませんが自分の本当の声というものは録音して聞かない限り自分では完全に理解できないものです。ですが演奏に合わせることを基準に何度も歌を歌ううちにある程度の修正はできます。


次の記事へ