ボイストレーニングのコツと声優学校

ボイストレーニングは難しい、と感じている方も多いようですが、ボイストレーニングは少しのコツを知るだけで誰でもすぐに、その場でおこなうことができます。お金は掛かりませんし、誰にでも出来る方法があるのです。その方法を実行するだけで声の質は確実に変わるので、まずは、「筋トレ」をするという習慣をつけるようにしましょう。筋トレにも色々なやり方があるのですが、基本的に「腹部に力を入れる」だけで腹筋は鍛えることが可能です。「腹筋を鍛えるのは大変だからやりたくない」という方も多いのですが、実は筋トレというのは、今、パソコンを見ながらでも出来てしまうほどカンタンな行為なのです。また、腹部に力を入れるだけでは意味がない、と考える方も多いのですが、たった30秒の足上げ運動を毎日続けるだけでも、腹部は硬くなるのです。「声は生まれもったものだから腹筋をしても意味がない」と悲観的に考える方もいるかもしれませんが、声はそもそも喉だけを使って出しているものではありません。また、腹部に筋肉をつける以上のボイストレーニングというのは無いので、まずはとにかく筋トレを続けるようにしましょう。腹部に筋肉が吐けば、肺活量も増えます。


そして、声質を変えるために最も重要なことは「まず自分の声の質を知ること」です。自分の声を録音したことがない、という方も多いのですが、自分の声というのは、骨格を通して聞こえている状態なので、客観的に自分の声質をチェックするためには、録音するしかないのです。録音するための機械がない、という方もいるかもしれませんが、そういった場合も「片手で耳をふさぎ、もう片方の手で唇を覆うように包む」ことで、自分の声を聴くことができるようになります。録音した場合に比べると聞こえ方は劣るのですが、それでもやるとやらないとでは大違いなので、「録音するための機械も持っていないし、声優学校に通うお金もない(なるべく経済的におこないたい)」という方は腹筋を鍛えつつ、手を使って自分の声をチェックするようにしてみましょう。上記のことをやるだけで、声も歌唱力もかなり変わります。中には、腹筋を鍛えただけでプロ並の歌唱力に変わってしまうような人もいるので、まずは腹部に力を入れる時間を、一日30秒でもいいので、作るようにしましょう。また、歯の形も声の質に直接的に影響してくるので、金銭的余裕のある方はぜひとも歯列矯正をおこなってみましょう。


次の記事へ