声優の養成所で学ぶお腹から声を出すコツ

声優の養成所で習う時に言われることが多いこととして、それは「お腹から声を出す」ということです。要は腹膜、つまり肋骨の下の部分に意識を集中して声を出すのですが、ボイストレーニングを始めたばかりの人にはこれが結構難しいのです。そこで簡単にできるコツとして、まずはじめに自分の呼吸を意識してみることです。肺呼吸と腹式呼吸という言葉は訊いた事があると思いますが、これを発声に応用するのです。私達が普段行う自然な呼吸は肩及び肺が上下する肺呼吸です。これを意識的に阻むことで呼吸をお腹の方に広げるのです。肩に少し力を入れて下に落としてみましょう。呼吸するときに肩が持ち上がることを阻むのです。すると肺が膨らみずらくなり、呼吸をすると自然とお腹の方が膨らむのが判ります。これが腹式呼吸なのです。腹式呼吸でゆっくりと呼吸を幾度か繰り返します。慣れたらそのままの状態で1度息を大きく吸い込んで、何でも構いませんから「あー」などの単音で声を出してみましょう。この時腹部に手を当てると、かすかに震えているのが感じられるでしょう。この感覚が「お腹から声を出す」ということなのです。さらに慣れてくると肩に力を入れずともお腹から声を出せるようになります。


オペラ歌手が両手を胸の前に組んで歌う様子を目にした事のある人もいるでしょう。あれは前述のような肩を落としてお腹から声を出す状態を意識的に作っているのです。同様のスタイルで歌ってみると自然と声帯も開いてさらにお腹から声が出しやすい状態になるのが判ります。また両手を握り合わせることで、感情を声に込め易くなる効果もあります。もちろん姿勢は正しく伸ばします。自分の肺を音響機器であると考えて思い切り左右に広げてあげると声も響きやすくなります。正しい姿勢で声を出すことに慣れてきたら、今度は正しい発音を出すことを意識します。「あえいうえおあお」の順で五十音、長音と短音を繰り返して発生してみます。この時鏡を見ながら行うと効果的です。正しく口が開いていると声が出しやすくなります。大きく口を開いて行うことで声帯も開きやすくなるのです。声帯が開くことで声帯周囲の筋肉も鍛えられます。腹筋や背筋、そして声帯や喉の周りの筋肉を鍛えることがとても重要とされています。これらを複合して発声の為の筋肉は作られるのですが、素人にはなかなか意識するのが難しい筋肉でもあります。声優学校のプロの指導の下でしっかり指導を受けることにより効率的にトレーニングを行うことが可能となります。


次の記事へ