アニメソングのレコーディングについて

最近、BPOによって審議入りされたことで話題になった「アニメ」ですが、多くのアニメには、アニメソングというCDが発売されています。これは、おもに、主題歌とエンディングテーマなのですが、作品によっては、キャラクターソングというものも発売されています。
キャラクターソングが発売される作品は、「2期制作」や「人気が出そうである」や「有名な声優を使用している」という何かしらの特徴というものがあります。そして、それらのレコーディングについては、かなり精密に行われています。なぜなら、キャラクターソングとうたっているのですから、「キャラクターの声を真似して歌う必要がある」からです。普通の声で歌っていると、ただその人のCDを発売していることになってしまい、キャラクターソングではありません。
なので、納得がいくまで何回もレコーディングし直して、よりファンの方に認められるような作品を作っているのです。
また、多くの作品は有名な会社から出されています。現在では、大手2社が制作を手掛けており、大手ということもあり、知名度が抜群によく、CD購入時のおまけも豪華ということもあり、多くの作品がその2社から出されています。


基本、アニメソングというのは主題歌はプロの方にお願いしますし、エンディングは登場する声優が歌います。しかし、最近は傾向が変わり始め、主題歌とエンディングを声優が歌うことも珍しくありません。
これは、表向きは「登場する声優を使い、もっと作品に魅力を感じてほしい」ということなのですが、実は「お金をかけたくない」というのも裏事情としてはあるようです。プロに依頼する分、レコーディング費用から何からすべてを出さなければなりません。さらに多額の報酬も必要になります。2期制作アニメならば、予算もそれなりに出ているので、余裕があるのですが、ライトノベルからの作品であれば、それほど知名度も高いというわけではないため、予算があまりおりません。その結果、プロの人を使うことができず、声優にお願いしてしまうということになるのです。
最近では、「新人賞」をとったライトノベルがアニメ化される傾向にあるため、そういった現象が起きているのだと推測されます。このように、アニメソングを何回もレコーディングし直すのかには多くの理由があるのです。そして、それには業界ならではの事情があります。
なので、キャラクターの声が少し違っても許してあげてください。


次の記事へ